読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺書

僕の生きてた証をここに

昨日

死のうとしました。すごい鬱でした。

頭のなかはもう死ぬことでいっぱいでした。酒とクスリをキメてビニール袋をかぶろうかとか、ビニール紐で首を吊ろうかとか、そんなことがずっと頭のなかをぐるぐる回り続けていてまともに考えることさえ出来ませんでした。

どうしてこんなことを考えたのかと思うと、たぶん最近のTwitterの使い方なんだと思うます。

僕は完全にTwitterに依存していました。暇さえあればTLを見て、知ってる人がいたら絡み、面白ツイートを見つければ引用ツイートをする。たったこれだけのことにほぼ一日を費やしていました。

でも、ほとんどのアカウントユーザーは僕よりも年下で、時には僕の今の現状を理解してくれないこともあります。それは仕方ないと思いますし、非難する気もありません。ただ、僕だけが悪かったのです。

完全に甘えていました。

いつもこうなんです。何でもかんでも依存して、疎まれて、その繰り返しです。「ボクはメンヘラだから〜」なんて言い訳をして、居場所がないことに腹を立てて落ち込む。

おかしいんです。キチガイなんです。だから、僕が死ねば解決するんだ。これも繰り返しです。僕を長く知ってる人はきっと「早く死ねよ」とか「さっさと自殺しろ」と思うでしょう。無理も無いと思います。僕はずっと、ずっと昔からこうでしたから。

僕の同級生だった人たちはもう立派な社会人になっている人もいます。ということは、もう立派な労働者、納税者です。

僕は精神科通院に際して自立支援医療の証明書を使っています。それを使うと精神科関係の諸経費が3割負担から1割負担になります。つまり、僕は同級生だった人たちのお金を人より余分に使っているのです。その上、働いてもいないので医療費は両親に負担してもらっています。

やっぱり、僕のようなクズは死んだほうがいいのでしょうか?

死んで欲しいなら死にます。そして確実に死ぬために首を吊ります。これは小さな僕の小さなポリシーです。

誰にも迷惑をかけたくないし、かけられたくもないです。

僕が死んだら生ゴミみたいに捨ててください。火葬の費用さえももったいないです。コンポストか何かの中で肥料になる方がきっと人の役に立つと思います。僕は所詮そんなものです。もはや人間と呼ぶことさえおこがましい。

僕は人間もどきです。きっと僕を殺しても殺人罪は適用されないと思うので、誰か憂さ晴らしに人殺しをしたくなったら僕のところへ来てください。同じ気分が味わえるかもしれません。